足元を温めて眼精疲労を予防

眼精疲労を緩和するには、生活習慣を改善することでも可能です。

パソコンの操作に集中し、頭部に思考が集中し、酸欠状態になることがあります。そうなると、血液の流れが悪くなるので、目の周りの筋肉の緊張、疲労、頭痛、肩こりなどの原因になります。

それを防止するために、足の冷えを防止することです。そうすることで、血液の流れを全体的に改善し、目が疲れにくくなり、頭もスッキリします。

靴下のイメージ足を温かくする方法として、最も簡単な方法は、靴下を2~3枚以上重ねて履く方法が効果的です。

また、靴下の素材は自然の物を選択することが重要です。理想的には、肌に触れる部分が絹で、外側は綿素材の二重構造になっている物がベストです。
絹は、吸湿性に優れていて、毒素を排出する作用もあります。

その靴下を重履きして正常な体温を保って、不要なものを外に出すことができます。ネットショッピングでも足元を温める靴下が販売されているので、自分にあったものを見つけてみるのも良いでしょう。

他にも、半身浴を30分~1時間程度、または足湯を毎日続けることが眼精疲労に効果的です。
これは、血液や神経の流れを刺激し、毒素などの不要なものを排出するのに効果的です。こういった入浴を続ければ、体質を変えていくことが出来ます。

また、お風呂にエッセンシャルオイルを垂らして、ゆったりとリラックスした雰囲気の中で一日の疲れを癒すことも、目や体が疲れにくく改善されるので、出来れば毎日続ける事をお勧めします。