VDT症候群とは?

あなたはVDT症候群ってご存知ですか?

「VDT」とは「Video Display Terminal」の意味です。
すなわちコンピューターのような画面を表示するOA機器の事です。

「VDT症候群」は長い時間、VDTを使用して作業することによって、眼精疲労などの症状が起こり、首と肩の痛みなど、身体に異常が現れることがあります。
さらに、イライラや不安など、うつ状態になったりなど、精神的な症状が起こることがある病気です。

VDT症候群による目の症状は、視力低下、目の疲れからくるかすみ目、充血などがあります。
これは、VDTを使用する仕事は、パソコンのディスプレイ、キーボード、書類などの3箇所に目を移動する必要があるので疲れてしまいます。
また、画面を集中して見ていると、まばたきする回数が非常に減るので、ドライアイの症状の出てきます。

体で起こっている現象は、同じ姿勢を維持するために、肩や腰、首などに痛みが発生します。また、精神的な症状も起こり、頭痛や食欲不振、イライラなど、憂うつに感じることもあります。

VDT症候群の解決策の中で、最も重要なのは休憩を取ることです。50分の作業を続けたら、10分間の休憩をとりましょう。無理して長い時間キーボードを操作しても、仕事の効率は低下するだけです。
休憩の間に窓の外を見て、目薬を差したり、目を閉じたり、マッサージするなどしましょう。

また、パソコンのデスク環境を改善することが重要です。目が乾燥しないように、視線のに下方へディスプレイを配置し、ディスプレイからの反射を避け、直射日光や照明が当たらないようにします。
また、ディスプレイに反射を防ぐフィルター設置するのも良いでしょう。