眼精疲労が原因の肩凝り

肩こりのイメージ肩こりに悩まされている方は多いと思います。
肩こりはさまざまな原因によって発生しますが、眼精疲労が原因のために起こることもあります。

パソコンを長時間使用していると、いつの間にか姿勢が前かがみになっていたりします。
そのとき、肩の位置がが前に出ることになり、不自然な姿勢で長時間作業する事になります。

また、パソコン画面を集中して見る為、瞬きの回数が自然に減ってしまい、ドライアイの症状を引き起こすこともあります。最終的にこういった要因が肩の負担になるのです。

また、眼鏡やコンタクトレンズを使用している方は、レンズが自分の目に合っていないと、目の緊張が高まり、眼精疲労になってしまいます。

肩こりが原因となって、眼精疲労になった場合、とにかく目を十分にリラックスすることが重要です。
パソコンを使って仕事をする人はなかなか難しいかもしれないが、座っている椅子の高さを調整するなどの姿勢を良くしましょう。

また、10分に1回は遠くを見るようにすれば、一時的にでも眼の緊張が解かれるので眼精疲労の防止軽減につながります。

また、サプリメントを摂取すると肩こりの症状を緩和しますが、眼精疲労が原因の場合は、目の疲れを改善するためのサプリメントを摂取するようにするとよいでしょう。

いずれにしても適度に身体を動かすなどして、同じ姿勢を長時間続けない事が重要です。

次へ眼精疲労が原因の頭痛