目の疲労緩和に日常生活を見直してみる

ひどい目の疲れの場合、「眼精疲労」の可能性があるので、すぐに眼科を受診する事をお勧めします。

しかし、自分でも出来る、目の疲労を軽減する方法があるので、適切な治療と組み合わせて試してみましょう。

インテリア小物や部屋の色を変えることによって、気分や気持ちが変わったという経験はありませんか?色には、目とって疲れる色と優しい色があるのです。

一般的に「赤」など、波長の長い色は落ち着かない色といわれます。これに対し「緑」と「黄」など、波長が短い色は目に優しい色といわれます。

こういった、目に優しい色を職場にも導入してみましよう。
観葉植物を置くことは有効ですが、大きなものを配置するのが難しい場合は、机の上に置くことができる小さいサイズの植物を使ってもよいです。

また、身近な文房具なども優しい色を変えるだけで、目も心も落ち着きます。家ではカーペットやカーテンなど、目に付きやすい大きなものを、優しい色にすると効果的です。

エッセンシャルオイルのイメージまた、「アロマセラピー」も、目の疲れを回復させるのに効果的です。アロマセラピーは植物の香りで心と身体をリフレッシュのための自然療法です。

ハーブなど、植物の香りはさまざまで、それぞれの香りと独特の作用があります。イライラや痛みをやわらげたり、気分転換や空間の細菌やウイルスの活性を抑制し、空気を浄化する効果もあります。

これらの効果は純度100%エッセンシャルオイルからしか得られないので、純度が低いものは避けるようにし、目の疲れに効果的なエッセンシャルオイルを試してみましょう。

目の疲れに良いエッセンシャルオイル
ローズマリー、ラベンダー、カモミール、ペパーミント、ユーカリなど。