目の疲れ・眼精疲労を緩和させるツボとマッサージ

近年はマッサージがブームになっていますが、単に気分が良くなるだけでなく、目の疲れが取れるばかりでなく、身体全体にも良い影響を与えます。

目の疲れを軽減する目の体操

まず、目をしっかり閉じます。そして、すぐに目を開いて、顔は動かさずに視線のみ左に移動します。同様に、右上下に移動します。
この体操を4~5秒間繰り返し、5分間続けます。
この目の体操をすると、目のまわりの滞っている血行が良くなり、緊張した毛様体筋が柔軟になります。そして、目の疲れが取れるのです。

目の疲れに有効なリンパマッサージ

疲労感、充血などを解消します。リンパマッサージは、リンパをマッサージして老廃物を体外に排出し、そして血流が良くなって代謝もよくなっていきます。

目の疲労に効果のあるマッサージについてまずは下準備をします。
鎖骨の下にリンパ節がありますが、ここをほぐして廃棄物が流れやすくします。

次に目尻から目頭にかけて下まぶたをなぞります。そこから頬骨の下のところまでなぞり、耳の下の部分までのなぞります。
そして首の横をなぞり、鎖骨の外側から内側になぞります。

次に目の上の部分を、目頭から目尻に向かってなぞり、そこから耳の下までなぞってください。
そして首の横をなぞり、鎖骨の外側から内側にもなぞっていきます。

これを1セットとして1回あたり5回は行います。
リンパマッサージをする場合の注意点ですが、マッサージは、強い方が効果があると思っている方もいますが、リンパマッサージは、軽く撫でる程度で十分効果があります。

ツボを押して、目の疲れを軽減

特に容易に思い立った時に行うことができるのがツボ押しなので、思いついた時に実践してみてはいかがでしょうか。

おすすめは顔面のツボです。「太陽」と呼ばれるツボがあります。
眉尻の部分、目尻と正三角形を結ぶような感じで髪の生え際に三角形をイメージします。
この部分は少し凹むのでわかりやすいと思うのですが、ここを押してみると、目の疲れに効果があるようです。

次の目の中央から2センチ下にあるツボ「四白」です。骨に当たるので、わかりやすいと思います。
その他、目頭の「清明」もあります。
このツボを指の腹の部分でゆっくりと押したりゆっくり、離したりを繰り返し、刺激を与えます。すぐには効果がなくても、徐々に効果が出てきます。

顔以外には「風池」と言われるこめかみの後部、さらに首の後ろの髪の生え際の中央にくぼみがあり、そのくぼみの中央から外側にある「天柱」というツボが有効です。

このようなツボを日頃から押したりすることで、目の疲を軽減することができます。
ツボは優しく押すことが重要で、強く押しすぎると揉み返しがきてしまいますのでご注意してください。

ツボ押しは容易にどこでもできますので、是非お試しくださいね。

でも、蒸しタオルで目も温めたり、つぼ押しやマッサージも試したけどイマイチ効果が長続きしないと感じている方もいると思います。
そういう場合、慢性的に目の栄養が足りていないかもしれません。
効果を長続きさせたい場合は、同時に目に良いとされる栄養成分の補給をおススメします。

次へ目の疲れや眼精疲労に効果が期待できる成分