パソコン・ゲームが原因の眼精疲労

パソコンを使用する職業の人は眼精疲労になりやすい傾向があると言われますが、その理由は何でしょうか。

パソコンを使用する職業は色々ありますが、エンジニアという職業の人は残業、徹夜なんてことも結構あります。
また、休日出勤だなんて言うのもザラで寝る以外はパソコンの前にいることも珍しくない。
仕事上1日中パソコンを使って仕事をするため、かなり目を酷使します。そのために眼精疲労に悩む人も多いのではないでしょう。

パソコンをしている人のイメージ仕事の特徴としては、暇な時期と忙しい時期がありますが、暇な時期には目を休ませることができますが、基本、パソコンの前に座っているといっても良いかもしれません。

ですから、眼精疲労になりやすい傾向があります。その他にも理由があります。冷房が効いているオフィスで仕事をするなど、目の乾燥した環境でパソコンを使用することも原因の1つになります。

ほかに、作業にのめりこみやすい性格なども影響しているかもしれません。プログラムのことを考えていると、あっという間に定時になっていたりするのも良くある話です。
また、トイレに行く時間も勿体ないと思うときもありますので、そのような状況で仕事をしていては、目に良いはずがありません。

眼精疲労は、パソコンを使用する人だけがなる症状ではありません。誰もが眼精疲労になる可能性があるのです。
特に、パソコンを使用すると、眼精疲労になる可能性が高いというだけなのです。
眼精疲労になるのはエンジニアだけではありません。とにかくパソコンを1日見ているような専門職の方や、ゲームを長時間している人など、画面をずっと見ている人がなりやすいのです。

また、現在は一家に一台、いやそれ以上に、パソコンは普及していると思います。
調べ物なども、本で調べるよりもインターネットの方が早いなど、パソコンと私たちの生活は、切っても切れない生活になっています。
そのために目を酷使する時間が長くなり、疲れ目や充血を言った症状に悩まされる人が増えてきています。

一度始めるとはまってしまい、どうしても目を酷使することになります。1時間に1回は遠くを見て目の筋肉を休ませてあげたり、1日の終わりには蒸しタオルなどで温めたりといったケアをこまめにしていかなければ、目はどんどん疲れていって、慢性的な眼精疲労に悩まされるでしょう。

パソコンを使い続けていきたいなら、正しい使用方法を知って上手に付き合っていく必要があります。
パソコンに坐っているときの姿勢に注意してください。
肩が前に出すぎていないですか、猫背になっていないですか、目線は上を向いてないですか。

このようなことに気を付けるだけで、疲れ目を少しでも防ぐことができます。
また、画面の明るさが余りに明るすぎると目の筋肉が収縮するため、充血を引き起こすことがありますので、使用に支障をきたさない程度に明るさを調節しましょう。

さらに、集中し過ぎると瞬きの回数が減ってドライアイになりやすくなります。
パソコンを今までの様に使用していく為には、目の負担を少しでも軽減しながら使用していくべきでしょう。

眼精疲労は職業病だから仕方がないと諦めずに、ライフスタイルを見直したり、サプリメントを使用したりして、上手に向き合っていきましょう。