眼精疲労を予防する食材

疲れ目や目の様々な症状を起こす原因としては、目の周りの毛細血管が滞ったりして、血の流れが悪くなったりすることです。

したがって、毛細血管がスムーズになるように、血管に蓄積された老廃物やコレステロールを改善し、血液の流れを良くするために血中脂質を低減させる食事を摂取することをお勧めします。

それでは、目の疲労を防止する効果がある食材を見てみましょう。

ブルーベリー
アントシアニンが含まれており、目の網膜の感受性を高め、血行を良くします。そして、目の疲労を感じにくくなったり、視覚機能を向上させることができます。

山芋
滋養強壮効果のある食材で、栄養を疲れた目に供給します。また糖尿病薬として古くから利用されており、糖尿病性白内障にも効果的です。

菊花
毛細血管の壁をきれいにし、血液の流れを良くし、目の病気を予防する最も良い食材として知られています。

クコの実
疲れ目に力を与え、眼精疲労や低下した視力を回復させる効果があります。

鯉の肝
目の血行を促進する「チクリノール」という物質が含まれており、眼精疲労に効果的な食材として知られています。

うなぎ
目の健康を維持するビタミンAと疲労に効果的なビタミンEが豊富に含まれているため、夜盲症または白内障などの視力低下に悩まされている人にお勧めします。

また、うなぎとネギを摂取すると、ビタミンAとビタミンEの吸収が良くなり、さらに食物繊維も摂取することができるので便秘解消にも有効です。

次へ眼精疲労におすすめの料理レシピ