病院での眼精疲労の治療方法

眼精疲労には多くの原因が考えられます。最も一般的な原因は、パソコンのディスプレイ等を長時間見続けたことが原因です。

のイメージしかし、眼精疲労の原因はこれだけではありません。角膜炎、結膜炎といばれるような目の疾患のある場合にも眼精疲労を引き起こすことが多いですが、目の異変を感じた場合は、すぐに眼科に行って治療をしてもらえば、症状は緩和の方向へ向かうでしょう。

また、睡眠不足や体調不良の時、疲れている時などは、少し目を使っただけで眼精疲労を引き起こすことがあります。これが進行すると肩こりに発展したりして、睡眠不足に繋がるなど悪循環になってしまいますので、休養をとるなどしてリラックスすることを勧めます。

忙しくて休養ができない場合は、マッサージをしたり、サプリメントを摂取するなど、他の対処法で一時的にではありますが軽快する場合もあります。

病院で眼精疲労を治療する

また、眼科で眼精疲労を治療する場合、病院によって治療方法に違いがあります。

眼精疲労を治療する場合、メガネやコンタクトが原因の可能性があり、使用している人は、眼鏡やコンタクトが目に合っているかチェックすることから始まります。

まず、目の汚れをきれいにして清潔にします。そして緊張している目の周りの筋肉の緊張を解すためにホットパック等で温めます。

そうすると、目の周りの筋肉の緊張が解れてリラックス状態になります。次に筋肉を引き締めるために目を冷やします。そうすることで血液の循環がよくなり、目の周りの血液循環をよくしてくれます。

最後に点眼薬を処方しますが、ビタミンが入った点眼薬は目の眼精疲労に効果があり、サプリメントなどビタミンB12を摂取することもあります。食べ物やサプリメントで補うことができるなら薬よりも良いですよね。

サプリメントと同様に、漢方やアロマを勧めるところもあります。これらのことを考えると、眼精疲労を治療する場合、薬や治療ということではなく、リラックスさせて緊張を解していくという考えの方が主流です。

治療は、薬を処方してもらってアドバイスを受けることがほとんどだと思います。そう考えると眼精疲労の初期段階にある場合、自宅で自分でマッサージをし、アロマを使用したり、サプリメントを摂取するなど、自分で解消することも可能であるということですので、自分で改善していく努力も必要です。

しかし眼精疲労だけでなく、頭痛、肩凝り言った他の症状を引き起こしている場合は、きちんと医師の診察を受けて治療する必要があります。

次へ病院での眼精疲労の治療方法