痛みを伴う目の充血

目の充血にもいろいろありますが、原因は様々で、その原因に応じて対応方法も違ってきます。

ほとんどな場合は目の疲労が原因であることが多いのですが、充血とともに目の痛みを感じる場合は、注意する必要があります。

充血した痛そうな目のイメージ何か病気を引き起こしている場合があり、何も対応せずに放っておくと最悪の場合、失明する可能性があるため、早めに病院に行った方がいいと思います。

必ず目の充血があるから病気が潜んでいるとは限りませんが、何でもなければそれで安心ですので、病院に行くことをお勧めします。

先ほど述べた失明するかもしれない病気と言うのは何であるかと言うと「角膜炎」と呼ばれる病気です。角膜に炎症が起きる病気で、ウイルスなどの感染症や、物理的なケガ、免疫が関与するものなど様々なことが原因となって角膜炎が起こることがあります。

症状としては、充血、疼痛、かすみ、視力の衰えなどがあります。

充血と同時にこれらの症状が現れた場合は注意が必要です。角膜は痛みを感じる知覚神経があって、そこに炎症などがおこると痛みがあります。

そういった場合は、早急な対応が必要で、最悪の場合、失明する可能性があることを認識しておきましょう。

他には、痛みを伴う病気として挙がるのが、紫外線の影響を受けて現れる病気です。
白内障や黄斑変性症という病気があります。
真夏に帽子やサングラスなどで保護もせずに外で遊んでいると目が真っ赤に充血することがありますので、長時間の外出時には帽子や日傘、サングラスは必須のアイテムです。

紫外線による目の充血時には、痛みを伴う場合がありますが、目を休めることで緩和されます。
こういった目の充血に痛みを伴う場合は、いろいろなことがありますので、病院に行き、診察してもらった方がいいと思います。

次へ目の疲れにくい体をつくる