ドライアイに注意しよう

目を使い過ぎると、目の周りの視神経や内部を支える筋肉が疲労し、ぼやけてきたり、かすんできたりします。
また、この症状がひどくなると、頭痛および肩凝り、吐き気といった症状を引き起こす事があります。

これは、疲れ目による症状ですが、疲れ目にもタイプがあります。
ちょっと目を休めれば症状が収まる眼疲労、目を休めても、痛みや頭痛と言った症状が残る眼精疲労があります。

ドライアイのイメージ眼精疲労の方は、ドライアイに悩まされている方も多く、ドライアイと言うと、目の表面の涙液が乾燥して失われ、角膜の部分が露出している状態です。

この状態になると、目が傷つきやすい状態になります。通常、涙液が目に栄養補給をしていますが、これらの働きがうまくいかないと充血や、ゴロゴロした感じの症状がでてきます。

これらの眼精疲労やドライアイは目を使い過ぎることが原因として知られていますが、コンピューターのディスプレイまたはゲームの画面を長時間見続けることが主な理由としても知られており、集中するあまり、瞬きが少なくなり、目が乾燥してくるの為です。

これらの症状を防ぐために、目を乾燥させないことが重要です。
このためには、意識的に瞬きしたり、目薬を差す事をお勧めします。そして、目の疲れを改善するためにサプリメントを摂取する方法もあります。

ルテインやアントシアニンの含まれたサプリメントを試してみましょう。

次へ目の充血には十分な栄養補給を行なう