目の疲れにくい体をつくる

生活していくうえで、眼精疲労になるとキツイですよね。
特に目を使うお仕事をされている方にとっては死活問題です。

眼精疲労には、ブルーベリーが良いというのはよく耳にします。
そのブルーベリーのサプリメントは気軽に買えるので、目の疲れ対策も手軽にできます。

他にも、目に効果がある成分としてビタミンAがあります。
ビタミンAは、視力低下を防ぎ、粘膜の健康を保つ働きもあるので、眼精疲労の人はビタミンAを摂取したほうがいいでしょう。
ビタミンAは食品からも摂取できますが、簡単に摂取できるサプリメントを利用する人もいます。

クエン酸を含むフルーツのイメージその他に、疲れに効果的な成分として、クエン酸があります。
クエン酸は疲労物質である乳酸を分解してくれるので、疲労を軽減し、疲れにくい体にします。
クエン酸を含む食品としては、レモン、梅干、グレープフルーツ、いちご、パイナップルなどがあります。

眼精疲労になるのは、仕方のないことだと諦めずに、疲れにくい体作りをすることが重要です。
まず、目の疲れの原因は、血液の流れが悪くなることもあり、肩こりに悩まされている人や、運動不足の傾向にある人も、目の疲れに悩んでいる人が多いのです。

半身浴している女性のイメージ体の血行が悪くて眼精疲労になったと、思い当たる人は、ゆっくり半身浴をするなどして、日頃から血行促進を意識しましょう。
継続していけば、目の疲れだけでなく、肩こりや頭痛もある人は、解消できるかもしれませんよ。

他にも体の中に流れるリンパ液は、たまった老廃物や毒素を排出する役割をします。

疲労物質を排出するために、リンパマッサージをして、リンパの流れを改善すれば、疲労回復に役立ちます。
基本的にリンパは心臓に向かって流れているので、マッサージをするときには、先端の部分から心臓に向かってする必要があります。

眼精疲労の理由はさまざまです。
その原因にあった改善方法を行えば、必ず緩和の方向に向かっていくと思いますので、あきらめずに、日頃から意識することが大切です。

次へドライアイに注意しよう