パソコンを使う職業の眼精疲労対策

パソコンを使用して仕事をしている人は、目の疲れに悩まされている人は多いです。
サプリメントを摂取するなどして、目の疲労を予防する人もいますが、サプリメントに頼らずに疲労を予防する方法はあります。

ただし、日常業務における事ですから、サプリメントの助けを借りるのも一つの方法ですが、それ以外にも目の疲れを予防する方法を紹介します。

遠くを見る

仕事に集中すると、1時間、2時間と、休憩もせずに見続ける事が常態化していませんか?
そのような場合に効果的な10分に1回、パソコンから目を離して、遠くを見ると言う方法です。通常、1時間に10分の休憩が基本ですが、疲労を防ぐために10分ごとに遠くを見る方法が有効です。このような単純な方法でも、効果があるのでおススメです。気分もリフレッシュして仕事もはかどりますし、疲労防止にもなるのです。

パソコン画面の明るさを調整する

パソコン画面が明るいと、きれいに見えるのですが、最近は、画面が明るく、きれいで見やすいとかいろいろありますが、画面が明る過ぎると、目が疲れて、逆に目の疲労を誘発しやすいのです。
そんな時は画面の明るさを少し落としてみてください。仕事の場合、職種にもよりますが画像重視ではない場合は、目にやさしい方法を取ることが良いと思います。あまりにも明る過ぎると目に刺激があり、疲れてしまいますので、可能であれば明るさを少し下げ、目に対する刺激をやわらげます。

PC用のメガネを使用する

あなたはメガネを使用していますか。いつでも同じメガネを使用するのでしょうか。
メガネを作る時、運転をする人ならわかりますが、ある程度離れた場所でも自然と焦点が合うような感じでレンズを調整します。
でも、パソコンの場合、数十センチしかないところに画面があります。通常のメガネを使用してそんな近くのパソコンを見ると、焦点を合わせようと目が緊張状態になってしまい、疲労の原因となるのです。
最近はパソコン用のメガネとかが発売されています。近くのものが見やすいメガネです。これを使用することが自然に画面を見ることができます。
ちょっと面倒ですが、仕事用とプライベートで使用するメガネを分けることが、目の疲労を防ぐのです。