目の疲れや眼精疲労に効果が期待できる成分

サプリメントを摂取して目の健康維持に努めようとする人が多くなってきています。
なぜかというと、ゲーム、パソコン、スマートフォンなどのディスプレイを見る時間が増加したことが背景にあるからです。

一昔前は、目の疲れというと、目薬を差して休むことが一般的でした。
しかし、職場や自宅でパソコンを使用する時間が長くなってきている現在、慢性的な肩こりや頭痛に悩んだり、結果、血行不良に陥り、眼精疲労になっていくのです。

この眼精疲労を解消する方法はいくつかありますが、先にも説明した。マッサージとツボ押しは、その場限りの短時間限りの効果は望めますが、現代人のように慢性化した眼精疲労には栄養素を継続して摂取する事で改善効果が長く持続すると言われています。
そして、その原因に適した食品を摂取することをお勧めします。

アントシアニン

目に良いといわれる食品にブルーベリーがあります。
ブルーベリーは、「アントシアニン」と呼ばれる栄養素が含まれており、この成分は、目に良いとされています。

ブルーベリーは300種類以上の品種がありますが、その中でもビルベリーと呼ばれる種類のブルーベリーに、アントシアニンが多く含まれていることが分かっています。
その成分は、通常のブルーベリー倍量はあり、皮にも含まれています。

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、ポリフェノールは老化防止、がん予防に効果があり、抗酸化作用があります。アンチエイジング、健康、眼精疲労などの多くの症状に効果があるブルーベリーは本当に良いことだらけの果実だと思います。

また、ブルーベリーを用いたサプリメントは数多く発売さてており、多くの人が目の健康維持のためにブルーベリーサプリメントを摂取しています。

さらに、人間の目は光で物体を認識し、網膜上に反映させます。網膜にはドロプシンという紫色の色素があり、光に当たることによって合成をくり返しています。
この合成をくり返しすために、アントシアニンの力が必要です。
このドロプシンの働きが悪くなると視力の低下やかすみなどの、眼精疲労の症状が出やすくなります。
それでアントシアニンが必要になってくるのです。

ルテイン

「ルテイン」という目疲れやドライアイの症状を緩和する栄養素があります。
ほうれん草、ブロッコリー、カボチャ等など、緑黄色野菜に含まれている栄養素「ルテイン」と言う成分で、網膜の栄養素です。
目の網膜の保護、水晶体の機能を促進して、目の黄斑部を保護します。
例えば、紫外線やパソコンのディスプレイから発せられるブルーライトなどから保護します。

ルテインは体内で生成されることはないので、食品やサプリメントから供給する必要があります。

DHA

「DHA」と言う成分も有効的で、眼精疲労を改善に向かわせ、目や頭の血流も良くなるので、頭もすっきりさせて頭の回転も良くなります。
目には網膜が有りますが。この網膜にはDHAが多く含まれており、DHAを摂取することで、目を保護し、視力を向上させると言われています。

栄養素の摂取はバランスが大事
栄養素の摂取は必要ですが、大量摂取しないことをお勧めします。たくさん摂取すればより速く改善すると思っているなら、それは間違いです。
食品やサプリメントなどから摂取することで、目の健康を維持していこうと思うのは素晴らしいですが、日常生活において、目を酷使するようなことを控えるなどの予防と対策をしましょう。

眼精疲労にサプリメントを摂取する方も多いですが、目以外の健康維持にもつながるので、自分に合ったサプリメントを摂取してみてはどうでしょうか?

しかし、毎日の食事で必要な成分を摂取することは難しいので、サプリメントで栄養補給することをお勧めします。
眼精疲労に悩んでいるなら、「アントシアニン」「ルテイン」「DHA」はぜひとも試して貰いたいと思います。

最近は「アントシアニン」「ルテイン」「DHA」は同時に摂取できるサプリメントも出てきているので、そういった製品を選ぶと良いでしょう。

次へアントシアニン・ルテイン・DHA含有のサプリメントの比較