病気やストレスが原因の眼精疲労

眼精疲労の人の身体をチェックをすると、目の病気が見つかることがあります。

近視、乱視、老眼が進み、眼球の中ではピントを網膜に合わせようと、水晶体の厚さを調節する筋肉は緊張した状態にあります。
そして、視力が実際に低下すると、目を凝らして見て前に首を突き出した姿勢になり、最終的には目が疲れたり、首や肩が凝ったりします。

また、メガネやコンタクトレンズが目に合わない場合は、眼精疲労になることがあります。これらを使用する場合は、眼科で検査を受けた後、最も適切な処方をしてもらう必要があります。

ドライアイ
眼球の表面の角膜と結膜が乾燥して起こる病気です。パソコンを長時間操作して起こる「VDT 症候群」など、目を酷使する人がなりやすく、眼精疲労を伴う場合があります。

緑内障
視神経の障害によって視野が狭くなる病気です。治療をしないと失明することもあります。緑内障にかかる多くの人々は眼圧が高く、頭痛を伴うことが多いです。

白内障
水晶体が白く濁ってくる病気です。視力の低下などや、まぶしく感じやすい為、目の疲労を引き起こす可能性があります。この病気は手術で治療することができますが、手術後に目に見え方が変わる場合がある為、眼精疲労を引き起こす可能性があります。

斜視・斜位
2つ目の視線が一致せず、左右で違う方向に向いてしまうこと。斜位は、視線が一致します、暗闇などの視線を合わせる対象が無い場合、視線の方向が左右別々に向くことです。何かを見るとき左右の目を合わせることを強制されるので、目の疲労を引き起こします。

眼瞼下垂
まぶたが垂れ下る病気です。視野の上部が見えにくいので、無理な姿勢で見るようになり、眼精疲労を引き起こす可能性があります。

他にも、目の病気によるもの以外に、さまざまなことが関係しています。

風邪やインフルエンザ、虫歯や歯周病、鼻や耳の病気、更年期障害などの身体の他の病気によって、眼精疲労が引き起こされる可能性が高く、それら以外の病気でも起こる可能性もあります。

勿論の事ですが、目を使う事が多いほど、目は疲労します。現代社会は急速に情報化が進み、ますます目を使う環境が劣悪になってきています。

近年は、眼精疲労は「シックハウス症候群」と呼ばれる家に関連する原因の体調不良と関連していると考えられています。

精神的ストレスを受けると、不安感の高まりなどで、イライラが収まらなかったり、不眠症、または精神的な症状が起こる一方、高血圧、胃潰瘍などの病気も発生します。そして、その中の一つの症状として、眼精疲労が発生することがあります。

原因となる病気が治ったにもかかわらず、眼精疲労の症状が治らないない場合があります。そのような場合には、病院で検査して原因を特定し、解決させる必要があります。