疲れ目と感じているなら、
慢性的な眼精疲労になる前に
早めに対策する事をおススメします。

目の疲れを取る3つのポイント!

温める

蒸しタオルで目を温めて疲れを取る。

詳細はこちら

ツボとマッサージ

疲れに効果のあるツボを押して疲れ目改善。

詳細はこちら

サプリメント

疲れに効果的な栄養成分を補給する。

詳細はこちら

現代社会に蔓延する深刻な「眼精疲労」

「人間は情報の約80%を目から得ている」といっても過言ではない程、私たちは普段の生活を目からの情報に依存しています。

このように、目は情報取得の器官として非常に重要な役割を担っています。
しかし、一方では、現代社会は、目を酷使するる環境へ変化していっています。

仕事でパソコンを使用することはもちろん、携帯電話やスマートフォンの普及、深夜のパソコン、テレビ、DVD、読書など、目を酷使するの生活を、自ら強いてはいませんか?

現代は目の受難時代、職業に関係なく、目の疲労を訴える人は毎年、増加の一途をたどっています。視力低下、目の病気にかかるのは、主に生活習慣病と高齢化が原因といわれているが、目のケアには意外に無関心な人が多いようです。あなたの疲れた目、本当に大丈夫ですか?

あなたは「疲れ目?」それとも「眼精疲労?」

単に疲れているだけの「疲れ目」は一晩の睡眠で完全に回復します。問題はまだ回復していない「眼精疲労」の症状。つまり、「疲れ目」が重症になったものが「眼精疲労」で、これは非常に厄介です。
回復には時間がかかりますし、仕事や生活に影響が出てくるんです。

眼精疲労は、思わぬところに影響を与えます。たとえば、あなたが疲れていている目を酷使したとします。
そして、頭痛、肩こりなどの症状が出始めてイライラし、作業が思うようにはかどらず、ストレスがたまります。

場合によっては、胃の痛みを引き起こして病院を受診するが、原因は分からない。
最終的にはひどい神経症を引き起こし、眼精疲労の悪循環の無限ループ。

重要なのは、眼精疲労を自覚し、早い時間に目のケアを開始することです。

疲れ目度チェック

目の疲れと疲労は無意識のうちに進行しています。あなたの目が疲れていないかチェックしてみましょう。

まず、目の負担度をチェックしましょう。

負担度チェック
  • 一日の、ほとんどはオフィスのパソコンを使用している。
  • 急激に視力が低下した。
  • 身近な物が見にくくなってきたと感じる。
  • テレビやパソコンを夜遅くまでしている。
  • 目が乾燥しがちで、よく目薬を使用している。
  • 業務などで光が強い環境にいる。
  • 近くを見て、遠くの物体に視線を移すとぼやけてみえる。
  • 長時間運転をすると、目に痛みを感じる。
  • 通勤電車の中で読書をすることが多い。
  • 十分に睡眠をとったかスッキリ朝起こることができない。
チェック数は

7つ以上のチェックの人の目には大きな負担がかかっているため、適切な対処をしましょう。
4~6個の人も注意する必要があります。
3つ以下の人は目に負担がかかっていないようです。

次は、目の疲労度をチェックしましょう。

疲労度チェック
  • 痛みを感じる。
  • 重く感じる。
  • しょぼしょぼする事がある。
  • 充血することが多い。
  • 乾燥を感じる。
  • 長い時間パソコンを使用している。
  • 訳もなく涙が出ることがある。
  • 疲れ目に頭痛を伴う。
  • ひどい肩こりがする。
  • イライラすることが多い。
  • 最近寝不足である。
チェック数は

10個以上チェックがついた人はかなり疲れています。
眼精疲労を避けるためにすぐに疲れを取る事が大切です。
3~9個の人も疲れ気味です。適切な治ケアをすることで解消しましょう。
0~2つの人は疲労度が低いので、安心して良いでしょう。

次へ目の疲れを取る方法はこちらから